スロットを作りたい#1-4

こんにちは

今回から結構本格的に開発っぽくなりました

まずは、#1-2で作った乱数を発生させるプログラムを基に以下のプログラムを作りました

f:id:escapekousen:20190830202833p:plain

出力結果です

f:id:escapekousen:20190830203420p:plain

発生させた乱数をそのままフラグ番号とし表示させています

ひたすら発生させた続けてもガンガン流れていき目に悪そうなので毎回画面をクリアしエンターキーが押されるまで停止させています

breakを入れていないので強制終了でしか止まりません笑

 

さぁここからが今回のメインです

前回の記事で決めた確立に基づいてフラグ番号と各小役を対応させていきます

f:id:escapekousen:20190830233905p:plain

こんな感じにしました
番号間が空いているのは、後で確率の調整をするときに玉突き式に番号をずらすのを防ぐためです

 

フラグ番号の対応小役が決まったのでそれをプログラムに反映させます

f:id:escapekousen:20190831020811p:plain

とりあえずBBとRBだけ入れてみました

BBorRBに当選するまでひたすら乱数を発生し続けます

当選するとそれまでにかかった回数を表示してプログラムを終了します

 

出力結果です

f:id:escapekousen:20190831024625p:plain

今回はBBに当選しました
ボーナス合算が1/100程度なのでまぁまぁ妥当な回転数での当選じゃないでしょうか

 

さぁこの調子で全小役を追加していきます

 

f:id:escapekousen:20190831030103p:plain

f:id:escapekousen:20190831030241p:plain

ついにソースが画像一枚に収まらなくなりました

なんとかうまいことやる方法を考えておきますが今日はこのまま二枚貼ります

フラグ番号を各小役に対応させ引いた小役名を表示するようにしました

BBorRBに当選するまで小役の抽籤を続けどちらかに当選すると総回転数を表示させプログラムを終了します

f:id:escapekousen:20190831030935p:plain

出力結果です

見づらさはさておいていい感じですね

今回はこの、小役の抽籤をし引いた小役名を表示するプログラムをver1.0とし終了とします

最後まで読んでいただきありがとうございます

次回の記事もよろしくお願いします